ホームニュースセミナー・イベントのご案内

セミナー・イベントのご案内 光和コンピューターが開催するセミナーやイベント、新しいソリューションをご案内いたします。

2015年11月30日
第29回光和出版セミナー『出版社のマイナンバー対策』Vol.2

「文化通信bBB」記事内容はこちら

 光和コンピューターは11月25日、東京・新宿区の日本出版クラブ会館で、マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)に関する無料セミナー「これだけ準備しておけば良い!出版社のマイナンバー対策」Vol.2を開催し、74社112名が参加。光和コンピューターからは、マイナンバー支払調書対応の、三つのソリューションが紹介された。  
 
  2016年1月に施行されるマイナンバー制度は、国民一人ひとりに番号が付与され(法人等にも付番)、社会保障、税、災害対策の3分野で利用されるというものだが、9月のマイナンバー法改正によって利用範囲が拡大し、2018年から銀行の預金口座などでも活用可能となった。10月から全国民にマイナンバーの「通知カード」が送付され、年明けから「個人番号カードが交付され、利用が始まる。  
   民間事業者は、税や社会保障の手続きにあたりマイナンバー取得が必要となるほか、取り扱いにあたり、①組織的②人的③物理的④技術的・・・の四つの観点からの安全管理措置が求められ、出版社は著者への印税支払いなどで取得が必要となる。  
   会の冒頭、あいさつに立った光和コンピューター・寺川光男社長は、マイナンバー通知カードの送付が予定より遅れていることや、提供に消極的な著者がいるごとなどに触れつつ、「マイナンバーは社会に普及していく。(事業者は)いかに安価に、堅牢性を担保するかが重要」と語った。

2015年10月26日
第29回光和出版セミナー開催案内 「マイナンバー対策:第2弾」(2015/11/25)

 「これだけ準備しておけば良い!出版社のマイナンバー対策」Vol.2   

 いよいよマイナンバーの通知カードの発送が一番早い市区町村で平成27年10月23日から始まりました。
発送、受取が始まり、今出版社が取り組むべき準備、マイナンバーを取得・保管するための基本方針、取扱規定を具体化させなければならない時期となりました。取得方法や、注意事項など、また前回ご案内できなかった幣社システムの具体的ソリューションをご紹介させていただきます。
■「マイナンバー制度と出版社の準備」
  ~今取り組んでいること、準備は大丈夫か、今必要なことをご案内~
   ホライズンパートナーズ法律事務所弁護士 坂東利国氏
■「マイナンバー取得保管セットのご案内」
  ~著者のマイナンバーを郵送で取得~保管~廃棄までのセットをご紹介~
   日本法令統括マネジャー 飯田義久氏
■「出版ERPシステムのマイナンバーソリューション」
  ~マイナンバー支払調書対応のソリューションのご案内~
   光和コンピューター取締役 前田肇
■「必要なハード・ソフト・セキュリティ」
  ~必要最低限のマイナンバーを守るセキュリティ商品のご案内~
   アビリティ 鷭習一郎氏
参加ご希望の方は右のPDF「セミナー申込み用紙」を記入の上FAX願います。


2015年8月31日
第28回光和出版セミナー『出版社のマイナンバー対策』

 「文化通信bBB」記事内容はこちら

 光和コンピューターは7月29日、東京・新宿区の日本出版クラブ会館で第28回光和セミナー「これだけ準備しておけば良い!出版社のマイナンバー対策」を開催。92社・146名が出席。ホライズンパートナーズ法律事務所・坂東利国弁護士が「マイナンバー制度と出版社の準備」を題に講演をした。   
   このほかにも日本法令・飯田久義統括マネージャーが「著者のマイナンバーの取得をどのように行うのか」、光和コンピューター・寺川光男専務取締役が「出版ERPシステムのマイナンバーソリューション~印税支払システム・電子書籍システムの法定調書への対応~」について、三和コムテック・岡山大副部長が「マイナンバー対策ソリューション」についてそれぞれプレゼンテーションを行った。   
   坂東弁護士の講演と寺川専務取締役のプレゼンテーションの概要を紹介する。

2015年7月29日
第28回 光和出版セミナーご案内(7月29日開催)申し込み締切!

☆満員御礼 申し込み締切のお知らせ☆ 
 お申込み定員となりましたので受付を締め切りとさせていただきました。多数のお申込みありがとうございました。現在2回目のマイナンバーセミナー開催を計画中です。あらためてご案内させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。(セミナー事務局)
 いよいよマイナンバー(社会保障・税の番号制度)が始まります。
 平成27年10月から日本国内の全住民に一人ひとり異なる12桁の番号の「通知カード」が簡易書留で送付されます。法人には13桁の法人番号が通知されます。それではマイナンバーを管理するにはどのようにすればよいのか、出版社として準備しておかなければならないことはどのようなことか。今取り組んでおかなければいけないことはどのような事なのかを詳しくご案内させていただきます。

◆プログラム◆
■「マイナンバー制度で出版社が準備しなければならないこと」→ホライズンパートナーズ法律事務所 弁護士 坂東利国氏
■「著者のマイナンバーの取得をどのように行うか」→日本法令 統括マネージャー 飯田義久氏
■「出版社基幹システムのマイナンバーソリューション」→光和コンピューター 専務取締役 寺川光男
■「マイナンバー対策ソリューション」→三和コムテック 副部長 岡山大氏


2015年3月2日
加速する出版流通システム JAGAT page2015 カンファレンス

「文化通信bBB」記事内容はこちら

 日本印刷技術協会(JAGAT)は2月4~6日、東京・豊島区のサンシャインシティコンベンションセンターで「page2015」を開催したが、その中で開かれたカンファレンス「出版社のための小ロットビジネスの可能性一オンデマンドサプライチェーン構築の試み」では、文化通信社・星野渉編集長のコーディネートで、講談社・業務局・蓬田勝業務第二部部長兼デジタル製作部部長、ビジネス教育出版社・酒井敬男社長、山梨日日新聞社・.大森真樹コンテンツ事業局出版部長、光和コンピューター・浴野英生事業企画室リーダが、プリントオンデマンド(POD)の取リ組みや可能性などについて話し合った。各氏の発言要旨を紹介する。

2012年7月6日
第19回 東京国際ブックフェア開催 <セミナー:対談開催>

◇詳細はこちら

 恒例の第19回ブックフェアが開催され、弊社ブースで先端技術を駆使した商品を展示しました。 また、会場内のセミナーコーナーに於いて弊社セミナーを開催しました。 来場いただいた皆様にお礼申し上げます。

◆テーマ:対談『全ては"読者"の為に!』 直取引~物流とシステムが担う役割~
  パネラー
   NET21/恭文堂書店 代表取締役 田中純一郎氏
   ディスカヴァー・トゥエンティワン 取締役社長 干場弓子氏
   京葉流通倉庫 代表取締役 箱守和之氏
   光和コンピューター 専務取締役 寺川光男

2012年7月6日(金曜日)
☆ブックフェア会場セミナー 対談 「全ては"読者"の為に!」

第19回東京国際ブックフェア会場で対談形式のセミナー(参加費無料)を開催いたします。

日時:2012年7月6日(金曜日) 11:00~12:00
場所:国際展示場 西1セミナー会場
共催:京葉流通倉庫株式会社

テーマ:対談「全ては"読者"の為に!」書店直取引~物流とシステムが担う役割~

パネラー
 NET21/恭文堂書店       代表取締役 田中 淳一朗氏
 ディスカヴァー・トゥエンティワン 取締役社長 干場 弓子氏
 京葉流通倉庫            代表取締役 箱守 和之
 光和コンピューター         専務取締役 寺川 光男

2012年6月21日(木曜日) 13:30~16:30
第27回 光和出版セミナーご案内 (終了しました)

(御参考)セミナー内容はこちら

いよいよ、電子書籍の対応を具体化する時期が到来しそうです。経済産業省により10億の援助による制作支援は既にスタートしています。㈱出版デジタル機構は5年で100万タイトル、2,000億の市場創出を目指してスタートしました。また、Amazonでも日本語版「キンドル」の発売を予定していると聞いております。このような状況下において、6月3日~9日に文化通信社主催でアメリカの電子市場の視察会が開催され弊社からも参加させていただくことになりました。

この視察内容にもとづき、直近の電子書籍大国アメリカの電子書籍事情のご報告会と弊社の電子書籍ソリューションを紹介させていただくセミナーを企画しました。

是非ご出席頂けますようお願い申し上げます

2012年5月25日(金曜日) 13:20~16:30
第26回 光和出版セミナーご案内 (終了しました)

(ご参考)セミナー内容はこちら

 

2012年 電子書籍市場を活性化する為に2つのデジタルコンテンツプロジェクトが始まりました。総務省の「東日本大震災アーカイブ」による国会図書館デジタルデータの運営保存と経済産業省による緊急電子化事業です。また、講談社様では6月から全ての新刊については紙と電子書籍で刊行すると発表をしました。Amazonでは年内に日本語版「キンドル」発売を考えており、大手中堅出版社40社との契約が報道されました。また、今年度は㈱出版デジタル機構(ubridge)が設立されて本格的な電子書籍時代の幕開けとなりました。

今回のセミナーは、「電子書籍時代到来と出版社のシステム対応」と題して、著名な業界の方々から出版デジタル機構の話や、対談での電子書籍の取組みとシステム対応をお聞かせ頂き、皆様と一緒に勉強をすることを目的とするセミナーです。

新緑の候お忙しい折りですが、是非ご出席頂けますようお願い申し上げます 

2011年12月16日(金曜日) 13:30~16:30
第25回 光和出版セミナーご案内 (終了しました)

(ご参考)セミナー内容はこちら

経済産業省より日本出版インフラセンターの委託事業として、表題のテーマを研究する機関フューチャーブックストアフォーラムが2011年4月に創られ、弊社もワーキンググループに所属して活動をしております。 今回のセミナーは、その一環事業として開催いたします。
書店との取引を時代環境に適合したものにして行く為にEDIは今後どうあるべきか。紀伊國屋書店の考え方をはじめ、著名な業界の方々の話を聞き、皆様と一緒に勉強することがセミナーの目的です。また、フューチャーブックストアフォーラムより今後の業界をより良くする為にアンケートをお願いを致します。
年末のお忙しい折りですが、是非ご出席頂けますようお願い申し上げます。

<内容>

◆電子化時代における書店の活性化
    文化通信社 取締役編集長  星野 渉氏

◆出版社とのEDI取引の現状と今後の考え方
    紀伊国屋書店 情報システム部長 野田 透氏

◆近刊情報センター構想について
    日本出版インフラセンター 専務理事 永井 祥一氏

◆出版共同ネット構想について
    出版倉庫流通協議会 高久田 布人氏

2011年7月7日~10日 
第18回 東京国際ブックフェアへのご案内 (終了しました)

(ご参考)第18回東京国際ブックフェアの内容紹介

拝啓、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます 
 弊社では昨年に続き、日頃の感謝をこめまして、第18回「東京国際ブックフェア」に、皆様のご活動の一助にしていただけるような企画を中心にし、出展をさせて頂く運びとなりました。
 お忙しい中とは存じますが、 是非、お立ち寄りくださいましてお楽しみいただければ幸いでございます。
 また、ささやかながら、ワインとチーズをご用意いたしました。
くつろいだ形で、ご歓談できますようなスペースになっております。
フェア会場の憩いの場としても是非ご活用くださいませ。 敬具

セミナーの内容は以下の通り開催を予定しております。

◆7月7日(木曜日)
14:00~15:00
  ≪講演≫ 書店の今!これからを考える
    丸島 基和 氏(新文化通信社 代表取締役)

15:30~16:30
  ≪対談≫ 版元からコンテンツメーカーへ!
       進化する"旅の指さし会話帳シリーズ"
    田村 隆英 氏(情報センター出版局 代表取締役)
    寺川 光男 氏 (光和コンピューター 専務取締役)

◆7月8日(金曜日)
13:30~14:30
  ≪対談≫ これからの出版営業に求められる役割!
       筑摩書房の場合
    小島 秀人 氏(筑摩書房 取締役営業局長)
    星野 渉 氏(文化通信社 取締役編集長)

15:30~16:30
  ≪対談≫ 近刊予約サイト『PiTSPOT』の活用ビジョン
    田中 淳一郎 氏(恭文堂 代表取締役)
    柴崎 和博 氏 (光和コンピューター 代表取締役)

2011年6月24日
第24回光和出版セミナー開催の案内 (終了しました)

(ご参考)対談内容はこちら

テーマ:出版社・書店は、近刊情報をどう活用すべきか!

近刊市場が4月1日に立ち上がり2ヶ月が経ちました。
すでに導入している出版社・書店はどのように活用されているのか。
そして、どのように活用すべきなのか。を、
今回は本音が出やすい、対談形式でご案内します。

【セミナー内容】
1.対談
高島 利行氏
(語研 取締役営業部長 JPO近刊情報センター推進委員)

星野 渉氏
(文化通信社 取締役編集長)

2.近刊予約支援システムの構想
光和コンピューター 代表取締役 柴崎和博
  ①近刊予約サイトの紹介(出版社側、書店、取次側)
  光和コンピューター 沖縄事業部 松本昭典
  ②近刊予約端末『PiT SPOT』の紹介
  光和コンピューター 製品企画部 リーダー 宮原利之
  ③ほんやチャンネルの紹介
  光和コンピューター 専務取締役 寺川光男

2011年3月18日(終了しました)
第23回光和出版セミナー

近刊予約サイト&予約端末『PiT SPOT』発表会

1.近刊情報センター構想の意義と現状報告
日本出版インフラセンター 永井祥一 氏

2.大学生協の近刊予約サイトの創設の狙いと効果
大学生協東京事業連合 渡辺 潔 氏

3.近刊情報センター構想への期待
ネット21 副社長 田中淳一郎 氏

4.近刊予約支援システムの構想
光和コンピューター 代表取締役 柴崎和博
  ①近刊予約サイトの紹介(出版社側、書店、取次側)
  光和コンピューター 沖縄事業部 松本昭典
  ②近刊予約端末『PiT SPOT』の紹介
  光和コンピューター 製品企画部 リーダー 宮原利之
  ③ほんやチャンネルの紹介
  光和コンピューター 専務取締役 寺川光男

ページトップへ