ホーム導入事例

導入事例

システム導入紹介記事一覧へ
出版システムデータの戦略的活用!
『BIツール活用によるデータ分析システム』の紹介
 
弊社で実績のある『BIツール活用によるデータ分析システム』の概要を紹介をさせていただきます。

このシステムは出版ERPシステムの各種データをBIツール(NJK製:DataNatureSmart)を使って分析するシステムです。

此処では、その一例として、納返品データや書店実売データ(書店POSデータ)を書籍マスタ・共有書店マスタなどと連携し、戦略的にデータを活用するシステムの一部を紹介させていただきます。

社内システムのデータ活用方法や分析手法についてお困りの方は是非ご検討願います。 
 
 

下図は弊社の提供する「出版ERPシステムの概念図」で「データ分析システム」の位置づけを示しています。

出版ERPシステムの納返品データや全国の書店で発生した書店実売(POS)データなど分析に必要なデータを取込み、出版システム内の一元化された各種データを連携しながら分析データを自動生成し、データ分析を行います。
 
 

具体的には、BIツール(DataNatureSmart)の管理ツールにより、出版ERPシステムから分析に必要なデータを自動的に抽出し、分析データを自動生成します。

下図に示すように書店実売データ分析や納返品データ分析、それにシステム内の各種データを使ってデータ分析が可能です。
なお、分析データはDataNatureクライアントツールによって様々なデータ分析が簡単な操作で実現できます。
(メニュー表示、ボタン画面分析、ビュー画面分析、グラフ表示、リスト出力、PDF出力、Excel出力、・・・など)。

 

それでは、実際にどのような分析ができるのかを出版システム内の「納返品データ」を使って紹介させていただきます。

≪納返品分析 ボタン分析≫

下図のようにあらかじめ設定された分析テーマが「テンプレート一覧」に表示されます。
なお、分析テーマは簡単に作成・編集することができます。

実際の操作は、この分析テーマのボタンを押すことで最新のデータをもとに分析結果が表示されます。
ここでは「ボタン分析」の状態が表示されています。
各項目の操作ボタン(項目データ)を選択しながら目的のデータを絞り込むこともでき、必要な情報を簡単に取り出せます。
そのほか、ボタンの検索や並べ替え、構成比表示などデータ分析に必要な様々な機能が備わっています。

 
 

≪納返品分析 クロス集計(ビュー分析)≫

データセレクタの機能を使って集計するデータを選択し、瞬時(反映)に結果を集計できます(例えば、発売年度を選択)。
また、集計結果をドリルダウン機能により詳細内容を確認することができます(商品分類→書誌名→納返品区分)。

 
 
≪納返品分析 クロス集計内容をExcelシートに出力≫

ビュー画面に展開された集計結果は「Excel出力」ボタンにより、ワンタッチでExcelシートに貼り付けることができます。
また、CSV、PDF、HTML、ファイルにも出力できるので、他のアプリケーションとの連携も手軽に行います。

 
 
≪納返品分析 クロス集計内容をExcelマクロに連携)≫

ビュー画面に展開された内容をExcelマクロ連携により、定型フォーマットの管理資料として加工することもできます。
この例は、「商品別納返品履歴一覧表」に展開しています。

 

≪納返品分析 集計データを使ってExcelに展開≫

同様にクロス集計結果を定型フォーマットとしてExcelに展開した例です。
Excelの機能と連携し、商品分類別実績集計表、年度別月別実績推移&対前年累計比率のグラフ表示、さらに「Zチャートグラフ」などに展開することでより詳しく項目ごとの傾向分析が行えます。

 

≪納返品分析 グラフ分析:商品別売上実績推移≫

クロス集計結果は「グラフ作成」ボタンでワンタッチで各種グラフを表示することができます。
グラフ上で描画対象や視点を切り替えて、様々な角度からデータを検証することができます。
グラフは26パターンをワンタッチで切り替えられます。

 

≪納返品分析 グラフ分析:シリーズ書籍初速分析≫ 

シリーズ書籍の発売日を始点に、それぞれの売れ行き傾向を比較し書誌毎の初速分析を行うことができます。
対象書誌はデータセレクタを利用して選択します。

 
 
≪納返品分析 PDF出力≫

クロス集計された結果をこのようにPDFで管理帳票として作成することができます。
なお、必要によりPDF出力処理をDataNatureSmart管理ツールで自動実行することもできます。
つまり、ビュー上に展開された集計結果を自動的にPDFに変換することが可能です。

 
 
≪納返品分析 リスト分析≫

データセレクタを使って必要なデータを選択し、各種リスト集計ができます(例えば、発売年度を選択)。

 

≪納返品分析 対前年比較≫

クロス集計結果を対前年の実績と比較して分析することができます(商品ジャンル別の年間実績を比較)。

 
 

≪POS分析 ボタン分析≫

また、POS分析も同様、全国の書店で販売したPOSデータをもとに、社内のデータと連携してPOS分析を行います。

各項目の操作ボタン(項目データ)を選択しながら目的のデータを絞り込むこともでき、必要な情報を簡単に取り出せます。
そのほか、ボタンの検索や並べ替え、構成比表示などデータ分析に必要な様々な機能が備わっています。

 
 
 
≪POS分析 チェーン店別実績分析≫

全国のチェーン店の年度別POS売上実績は?、またそのチェーン店の書店実績は?、 それらの実績順位は?、・・・といった分析を行いたい場合、ワンタッチで集計実績に順位を付けてみることができます。
下図のように、チェーン店実績や、さらにドリルダウンしてチェーン店内の書店実績を調べることができます。

 
 
≪POS分析 データセレクタによる書店分析≫

また、データセレクタ機能を使って対象書店の書誌別売上実態を把握することができます。
この場合、「茨城県」の書店の実売実績を集計しています。
なお、書店担当営業の方を選択すると営業担当別の書店実績を調べることもできます。

 

≪POS分析 各種データとの合成分析≫

POS実売データ、納返品データ、さらに制作データを合成して書誌別推移を分析することができます。
その分析結果を下図のグラフのように月別実績推移表に展開し、書誌別の実態を把握し「市中在庫」を判断したり重版計画などに応用できます。

 
 
 
≪「データ分析システム」に関するお問合せ≫

このように簡単な操作でシステム内に存在するデータを戦略データとして活用できます。
「BIツールによるデータ分析システム」についての説明依頼など、ご一報いただければ幸いです。

◆本件の問合せ先

  システム営業部 小堀宛
     TEL:03-3865-1981
     Email:kobori@kowa-com.co.jp

  
 
  

ページトップへ