ホーム企業情報 沿革

沿革

1991年 4月
株式会社光和コンピューター設立
1995年11月
有限会社光和情報サービスを設立し、書籍受注のデータ処理事業を始める
2000年 8月
有限会社光和情報サービスを吸収合併をする
2002年 7月
三菱インフォーメーションシステムより書店システム事業の移管を受け、書店市場に参入
2004年 6月
株式会社光和デジタルシステムを設立し中国大連でのDTP組版製作事業を始める
2006年 6月
関連会社の株式会社光和テクノシステムと事業統合し、存続会社を光和コンピューターとする
これによりシステム部門の強化が、図れる
2006年12月
株式会社ゼインよりWebによる経理業務支援システムの営業権を受ける
2007年 3月
関連会社の光和ネットサービス株式会社と事業統合存し、存続会社を光和コンピューターとする
これにより、システムインフラ、ネットワーク構築事業の展開が図れる
2008年 1月
(株)テックインデックスより学習研究社のシステム開発、
デジタルコンテンツ製作の業務委託事業の移管を受ける
2008年 6月
東京、平和島に530坪の倉庫を賃借し、キッティングセンターを設立。POSレジ、パソコン等の
キッティング事業に本格参入する
2008年 6月
株式会社光和デジタルシステムの業務を統合
2008年 9月
株式会社ブイシンクよりネットワーク試聴機「Listening pod(リスニングポッド)」に関する
事業を引き継ぐ
2009年 7月
第16回東京国際ブックフェアにて、人型デジタルサイネージ「ハイパーマネキン」を発表
2009年11月
プライバシーマーク認証取得
2010年 1月
コンタクトセンター開設
プレジデント社様と出版ネット&ワークス様、弊社の共同事業として、雑誌定期購読の申込み、受付、発送、請求業務のセンターを設立
顧客データベースを活用して二次販売を進める
2010年 9月
青森コンテンツデリバリーセンター開設
2011年 2月
ISO9001(品質マネジメントシステム)認証
2012年 4月
東京平和島キッティングセンターを光和ネットサービス㈱に分社化
2012年 9月
タブレット型CD試聴機「LPOD Play」を開発、発売
2015年 5月
オンデマンド印刷により、小ロットでも低コスト・高品質の実現を目的としたデジタル・オンデマンド出版センター(DOD出版センター)設立、サービス開始
2015年 7月
光和出版セミナー(マイナンバー対応)を開催
2015年 9月
日本書籍出版協会(書協)の賛助会員として承認される
2015年10月
マジックソフトウェア・ジャパン様より「Magic World 2015」に於いて、パートナー部門受賞
2016年 3月
ウィンドウズタブレットを使用した廉価版POSシステム「KPOSmini」を発売
2016年 5月
DOD出版センターにて、見積もり・発注・工程管理までをユーザがWEB上で行えるプラットフォームを開発、リリース

ページトップへ