ホームAndroid デバイス ワンストップサービス

貴社のビジネスに「Android デバイス」を活用しませんか?

Android デバイス ワンストップサービス

当社は単なるアプリ制作会社ではありません。タブレットの調達から遠隔操作でのデータ末梢までワンストップでご提供します。

機器の調達から運用まで、光和コンピューターがお手伝いいたします!

どんなことができるのか?

ビデオ試聴機

音楽試聴機

CDショップでおなじみの音楽試聴機。当社はAndroidタブレットを試聴機として使用する製品「LPOD Play」を開発しました。
試聴機自体の調達価格が従来の専用機器よりも安いのはもちろんのこと、ネットワーク経由で試聴音源の管理ができるので 運用の手間を削減する効果も期待できます。

不動産店舗での物件紹介

不動産店舗での物件紹介

賃貸物件の紹介を紙ベースで行っている不動産店舗が大多数ですが、これを電子化し、店舗のタブレット端末で閲覧可能にします。
お客様の希望条件に合う物件を検索するのが容易になり、成約までの時間短縮効果が見込めます。

メガネ選びのサポート

メガネ選びのサポート

たくさんの商品が並ぶメガネショップ。おしゃれの一環としてメガネをかける人も増えています。
タブレット端末に付属するカメラを使ってお客様の顔写真を撮影し、輪郭や髪の毛、肌の色を識別して、 その人に似合うおすすめ商品を表示するのはいかがでしょうか。

動物園・サファリパークの案内

動物園・サファリパークの案内

GPS機能を備えたスマートフォンやタブレット端末を使えば、近くにいる動物の紹介をすることも可能です。
珍しい習性などを紹介することで、リピート率の向上を目指します。

展示会のブース案内

展示会のブース案内

東京ビッグサイトなどの巨大会場で開催される展示会では、 小さな文字で書かれた大きな地図から目的のブースを探すのはとても大変です。
地図をデジタル化してタブレット端末やスマートフォンで表示し、検索機能も付けることで、 来場者が効率よく目的のブースを見つけることができるようになります。

デジタルサイネージ(電子看板)

デジタルサイネージ(電子看板)

紙のポスターやお店の看板を、デジタルコンテンツ化してモニターに表示するのがデジタルサイネージ。
Androidタブレットを「看板」として使うことで、 一般的なデジタルサイネージで必要になるパソコンやセットトップボックス(小型の専用機器)が不要になり、 安価に導入いただけます。

ポイントカード

ポイントカード

集客用のポイントカードとして、スタンプ式のカードやPETカード(テレホンカードタイプのカード)を ご利用ではありませんか?
これをAndroidアプリ化して来店客が保有されているスマートフォンにインストールいただくことで、 発行の手間やコストを省くことができます。 また、来店客がカードを探すのに時間がかかり、行列ができてしまう事態を解消する効果も期待できます。

パンフレット

パンフレット

会社の受付エリア、病院の待合室などに、 お待ちになっている来店客・患者様向けのパンフレットなどを置いてありませんか?
これを電子化してAndroidタブレットで閲覧可能にすることで、補充の手間を減らしたり、 パンフレットの印刷コストを削減できます。 利用者様も楽しみながら待ち時間を過ごすことができるようになり、自社の製品・サービスの効率的な宣伝が期待できます。

入出庫管理

入出庫管理

倉庫での入出庫作業にはバーコードリーダーを備えたハンディターミナルを使うのが一般的ですが、 操作性のよい無線LAN対応のハンディターミナルは意外と高価なもの。
Android端末であれば安価に調達できるので、初期導入費が抑えられるのはもちろん、 浮いたお金で予備機を準備いただければ、故障の場合でも修理を待つ必要がなく、業務に影響を与えません。


このほかにも、様々なご要望にお応えすることが可能です。 お気軽にご相談ください!

なぜ今、Androidなのか?

Android端末とは

Google社が開発したオペレーティングシステム(OS)であるAndroid。その最大の特徴が「オープン性」です。 仕様がすべて公開されているため、メーカーが自社製品に組み込むことが容易で、 結果としてさまざまな端末が発売されており、貴社のビジネスに最適な端末を選択することが可能なのです。

Android端末とは

iOS端末(iPhone/iPad)との違い

Apple社が開発したOSであるiOSを搭載した機器がiPhoneやiPadです。
こちらの特徴は、Androidとは反対に、その「クローズ性」にあると言えるでしょう。
Apple社がその革新性と創造性をつぎ込んで作ったこの製品は、 Apple一社がハードウェアとOSを完全にコントロールすることで、操作性という点で非常に優れた機器に仕上がっています。

iOS端末(iPhone/iPad)との違い

Android端末とiOS端末のどちらを選ぶべきか?

光和コンピューターは、ビジネス用途にはAndroid端末をお薦めしています。理由はやはり「オープン性」。 オープンであることによって、以下のようなメリットを享受することができるためです。

  • 多種多様な端末から最適なものを
    選択することができる。
  • 端末メーカー間の競争が激しいため、
    1台当たりのコストパフォーマンスが高い。
  • 開発者のすそ野も広く、アプリ開発自体も
    Android向けアプリのほうが安価。
Android端末とiOS端末のどちらを選ぶべきか?

光和コンピューターの強みとは?

当社はただの Android アプリ開発会社ではありません。真の意味での「ワンストップサービス」をご提供いたします。

この製品・サービスに関するお問合せ

株式会社光和コンピューター 出版部門 / 流通ソリューション事業部

お電話でのお問合せ

03-3865-1981(代表)

FAX
03-3865-1922
E-mail
 

ページトップへ